木造住宅

木造住宅のコストについて

部屋

家を建てるときの最大のネックはやはり費用でしょう。日本は木造住宅が住宅では主流なのですが、これはコスト的な問題もあります。やはり鉄筋コンクリートにできるのであれば耐久性や耐熱性などから見ても確実にそちらのほうが上です。地震にも強いですから、費用の一点を除けば基本的には鉄筋コンクリートのほうがよいでしょう。しかし、その一点こそが重要でもあります。
木造住宅というのは、とてもコストを抑えることができるのです。そして、耐久性や耐震性から見ても別に極端に悪いというわけでもありませんから、実は木造住宅はコストパフォーマンス的にはとてもよいのです。その点をよく理解しておいて、どんな木造建築にするのか、ということをよく考えるとよいでしょう。建売であればどうしてもこちらが介入する余地は少ないのですが、注文住宅などであれば色々と考えられることはあります。
例えば柱を少し太くしてもらうだけでもかなり頑丈になります。木造住宅は揺れることによって、地震のエネルギーを逃す構造になっていることが多いのですが、最近では耐える構造の木造建築も注目されています。そのあたりは自分の判断と嗜好によって建築の方向性を変えるとよいでしょう。

注目記事

きれいな部屋

木造住宅のメリットと注意すること

日本の家屋は木造住宅がとても多いですね。木造住宅は、鉄骨や軽量鉄骨と比べると、木でできているのでどうしても耐震性や防火性の面で劣ります。それに、シロアリやねずみなど虫や動物にかじられて劣化したり、経年劣化もどうしても早いですね…

もっと読む